日本だけでなく海外でもたくさんの美顔器が発売されています。しかも毎年のように新商品が出たり、リニューアル販売されているので、どれが最新作なのかもわからなくなります。人気の美顔器の仕組みと効果的な使い方の解説の中でおすすめの美顔器を紹介していますが、今回は逆に「絶対に勝ってはいけない美顔器」の特徴を3つ紹介します。

 

10万円以上する

まず異常に高額な美顔器は買わない方がいいです。というのは、最近の美顔器はどんなに性能が良くても5~6万円程度で収まります。それなのに10万円を超えるというのはおかしなことです。いわば「高いほうが価値があるように思わせる」という手法です。こういう商品は実際には原価1万円くらいのボッタクリ美顔器であることが多いです。

 

返金保証がない

次に、返金保証ないものは避けるのが無難です。美顔器は顔に直接つけるものですから、当然人によっては合わないことがあります。この場合の合わないは好みの問題ではなく、アレルギーがでたり、肌が荒れたりする場合です。これらは消費者にとって避けようのない事態ですから、企業としては無償で返金をするのが当然ことです。しかし利益追求するところは返金保証をしなかったり、「使用したものは返品できません」という意味不明な規約を設けています。

 

仕様前後の比較をしている

最近薬事法が改正されたことで、仕様前後の写真を用いることが禁止されました。もちろん美顔器は薬ではないので未だ問題はないのですが、個人差があることは明確なのに仕様前後の写真を載せるのはいやらしい手段です。通販などでは昔から利用されている手法ですが、視聴者に過剰な期待をさせることで色々な批判が出てきています。もしあながた「私もこんなに変わることができるなら買ってみようかしら」などと思っているならば、絶対にやめた方がいいでしょう。